記念コインや大判小判などは古銭商が取り扱ってきました。専門店でなければ種類の鑑定が難しく、商品自体も流通が限定されていたからです。価格はすでに流通していないものであるため、保管状態がよく希少価値の高いものには紙幣以上の価格が付くことも珍しくありません。しかし取引が古銭商を介する物であったため、流通価格が引き下がらずマージンもつくことから趣味の域としてコレクションしている人たちの間で取引されているのが通常でした。

最近では買取価格にも変動がみられています。オークションで一般的に取引されることが増加したうえ、専門店でも無料で引き取りサービスを行ったり見積もり無料サービスを行ったりしているからです。相続などで発見された古銭や記念コインの処分の方法がわからずオークションを利用している場合も多くあります。記念コインの場合には発行数が限定されているため人気が衰えることがありません。

古銭や記念コインの種類や数にかかわらず買取を行ってくれるところが増えてきたため、流通している商品も種類が増え、コレクションにも幅が広がることになります。買取専門店で査定額が気に入らなければオークションに出品できる気軽さも最近のトレンドです。