古銭や記念コインなどの種類の買取のポイントは、自分で綺麗にしようと掃除をせずにそのままの状態で持ち込むことです。買取価格を少しでも上げたいのなら、紙幣は特に新しい折り目やシワが付かないように、また破れなどがつかないように注意してお店に持ち込む事が大切です。傷や、シワによって古銭や記念コインの買取価格は落ちてしまいます。

江戸時代の大判・小判などの古銭の種類は貴金属としてもとても価値があるもので、高い価格での買取が可能です。ただし、昭和30年代頃まで使用されていた50円コインや旧貨幣などの種類も買取をしてもらえますが、額面通りでの査定になる場合もあります。

また、インフレやデフレなどの影響で発行を抑えていた年度のものが珍重されていて、特に昭和62年発行の貨幣は珍重されているために高価で取引されています。

また、天皇陛下御即位式に発行された記念コインや皇太子御成婚記念コインなどの特別なものも、高価で買取してもらえます。