古銭にはそのお金本来が持っている金銭的な価値に加え、新たに骨董品や貴重品としての価値が加わり、本来持つ価格以上の金銭的価値が生じているケースが多くあります。それゆえ、古銭を大量に発見又は保管している場合、それを古銭商に鑑定・査定を行ってもらえば、その価格以上のお金となって戻ってくるチャンスが生じるのです。

それは種類によっても異なり、特に限定生産で市場に出回る数量が限定される記念コインの類は概ね骨董品としての価値が高く、古銭商でも積極的に求め、更なる高額買取が期待出来る訳です。記念コインの多くは専用のケース内に保管されている事が多く、その保存も良好なのですが、一部の種類ではケースが存在せず、裸のまま保管されていた、という場合もあります。現在多くの古銭商では記念コインの保存状態についてそれ程高い買取制約を設けておらず、多少傷や汚れがある種類でも比較的高い価格にて買取をしてくれる場合が多いのです。

もちろん少しでも高額の査定を受けたいのであれば、コインの清掃をきっちり行い、出来れば保管用の新たなケースを用意してきちんと収納する等の工夫が必要です。この様な心掛けは、その後も古銭商と良好な取引関係を保てるといったメリットを生じるのです。